フロン・化学物質管理

フロン・化学物質管理

ホシザキでは、より環境に配慮した製品をお客様にお届けするために、製品に含まれる有害物質削減に取り組み、欧州RoHS指令などをはじめとする法規制に適合した製品づくりを進めるとともに、冷媒・発泡剤のノンフロン化に取り組んでいます。

※国際的な環境基準で、特定有害物質(鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、ポリ臭化ジフェニルエーテルなど(他5物質)の使用を制限するための欧州連合(EU)の指令。

ノンフロン化に向けた基本的な考え方

業務用冷蔵庫などでは、庫内の温度を下げる冷媒用と断熱材の発泡剤用の2種類のフロンが使用されてきました。従来、特定フロン(CFC:クロロフルオロカーボン)であるR12、R502を冷媒として、R11を断熱材の発泡材として使用していましたが、1990年代より順次代替フロンへの切り替えを実施。さらに2000年代からは、代替フロンとして使用していたHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)をオゾン層破壊係数がゼロのHFC(ハイドロフルオロカーボン)に切り替えました。しかし、HFCはCFC、HCFCと同様に強い温室効果をもたらすことから、ノンフロン化への移行が求められています。
2015年4月から施行されたフロン排出抑制法では、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全体での包括的な対策が定められ、製品メーカーは使用フロン類による環境影響度の低減に取り組むことが定められています。当社ではGWP(地球温暖化係数)の高い冷媒フロンを低GWPの冷媒に切り替えるための研究開発を進めています。

フロン排出抑制法の詳細

断熱材のノンフロン化

断熱材の発泡剤として使用されるフロンについては、製品の環境性能の向上を図るうえでの課題のひとつととらえ、技術革新を進めてきました。
当社では、2007年に、発泡剤にシクロペンタンを採用しノンフロン化したテーブル形冷凍冷蔵庫・ビールショーケースの生産を開始しました。2012年度には、この断熱材のノンフロン化手法をタテ形冷蔵庫にも展開し、温室効果ガスの排出削減を実現しています。
さらに、2020年8月には、すべての発泡剤のノンフロンへの切り替えが完了しました。

冷媒のノンフロン化

欧州では、2022年に代替フロン冷媒を使用する機器の販売が禁止される(Fガス規制)など、ノンフロンへの要請が強まっています。当社では、2009年度より、業務用では世界初となる自然冷媒のプロパン(R290)を用いた製氷機の製造・販売を開始し、さらなる改善を重ね、製品ラインナップの拡充につとめています。
米州では、2019年にノンフロン(プロパン採用)を実現した業務用冷蔵庫の販売を開始しました。また、日本でも小売店・コンビニエンスストアでノンフロン化の動きが加速しており、当社の技術を活用してさまざまな提案や市場モニタリングなどをおこなっています。

製品の保守・整備とフロン回収

販売会社による定期的な保守(加入者向け)および整備により、ご使用いただいている機器の最適な状態を維持しています。また、製品の修理時や、廃棄時にはフロン排出抑制法の技術基準を満たしたうえで、フロンを製品から回収しています。