フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)が平成27年4月から施行されます。
第一種特定製品(業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器)の管理者(所有者など)には機器及びフロン類の適切な管理が
義務づけられます。
対象機種
機器の設置に関する義務
    機器の適切な場所への設置

    機器の損傷等を防止するため、適切な場所への設置、設置する環境の維持・保全
    ※振動源を周囲に設置しない、点検・修理のために必要な作業空間を確保する、機器周辺の清掃を行う

機器の使用に関する義務
    機器の点検の実施

    全ての機器について簡易点検を実施。さらに一定規模以上の機器については、専門的な定期点検を実施 計算式

    漏えい防止措置/未修理の機器への冷媒充填の禁止
    点検・整備の履歴の記録および保存
    フロン類算定漏えい量の算定・報告

    毎年度における算定漏えい量が1,000C02-t以上となった場合、国(事業所管省庁)に報告する。

機器の廃棄等に関する義務
機器の点検について
簡易点検
    管理者が自ら実施、または専門業者に依頼
    対 象 点検の頻度 点検内容
    全ての機器 四半期に1回以上 異音、製品外観の損傷、腐食、さび、油にじみ、霜付きの確認
定期点検
    十分な知見を有する者による実施(冷媒フロン類取扱技術者等)
    対 象 点検の頻度 点検内容
    一定規模
    以上の機器
    7.5kW以上の冷凍冷蔵機器 1年に1回以上 直接法や間接法による冷媒漏えい検査
    50kW以上の空調機器
    7.5〜50kWの空調機器 3年に1回以上
●フロン排出抑制法の詳細については、各都道府県の窓口へお問い合わせください。
●点検方法などについては、最寄りのホシザキ販売会社までお問い合わせください。