環境負荷低減への取り組み

環境負荷低減への取り組み

ホシザキグループは、温室効果ガスの排出抑制を自社の事業に直接的に関連する課題として認識し、各国の環境規制を遵守しつつ、製品の省エネ性能の追求やノンフロン化など、積極的に環境配慮型製品の開発に取り組んでいます。

地球温暖化防止

製品における省エネルギーの徹底

日本では、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)により、フードサービス機器の一部がトップランナー基準※1(以下、基準)の特定機器に指定されています。ホシザキではその基準を超える「エネルギー消費効率の高い製品を開発すること」と、「目標年度※2に先駆けての販売」の実現につとめています。例えばショーケースでは、2019年に省エネ性能を高め、目標年度(2020年度)の基準を前倒しで達成して販売しています。また、省エネ運転中であることを表示パネルに示すことで、ショーケースをお使いになるお客様の省エネ意識向上や節電につなげています。
米州では、米国エネルギー省(DOE)、カナダ天然資源省(NRCan)により製品の省エネに関する基準などが厳しく定められています。ホシザキアメリカでは、環境に配慮した省エネ性の高い製品の開発・販売につとめ、2012年度以降、ENERGY STAR®※3アワードにおいて、9年連続で「Partner of the Year - Product Brand Owner」を受賞しています。これは、2019年発売のノンフロン冷媒(プロパン)採用の業務用冷蔵庫 “Steelheart” シリーズによる年間約2.5万トン(21.0%減※4)の温室効果ガス排出削減と、省エネを追求した製氷機 “KMEdge X” シリーズによる年間170万USドル相当(8.5%減※4)の消費電力削減が評価されたものです。また、「Partner of the Year」を複数年連続して受賞した企業の中から選出される最高位の賞「Partner of the Year - SUSTAINED EXCELLENCE AWARD」も6年連続受賞しています。
欧州では、2022年のFガス規制※5やノンフロン需要の高まりを受けて、自然冷媒のプロパン(R290)を採用したノンフロン製氷機の開発・販売を進めています。R290は従来のHFCよりも冷媒充てん量が少なく、地球温暖化への影響を抑えることができます。2019年には、ノンフロンアイスディスペンサーを、2020年にはクレセントアイス製氷機を開発・発売しました。今後も新たなノンフロン冷媒を採用し、省エネ性能を高めた機種を拡充していく考えです。

※1 ある時点で、商品化されている製品のうち、最も優れたエネルギー消費効率を基準として、製品事業者にこの基準を超える製品開発を求めるもの。

※2 ※1の基準を達成すべき年度で、製品や区分ごとに設定される。

※3 米国エネルギー省および米環境保護庁(EPA)が1992年から推進する活動。機器のエネルギー効率を高め、CO2の排出を抑えることを目的とし、一定のエネルギー消費効率を満たす製品にエナジースターの認証が与えられ、製品にマークを貼付することが認められている。

※4 自社推計値(当社従来製品比較)

※5 代替フロン冷媒を使用する機器の販売を禁止する規制

国内生産工程におけるCO2排出量削減

当社では、事業に伴い発生するエネルギー起源のCO2を削減するため、製造部門・間接部門ともに、省エネ設備の導入、設備の運用改善、業務の効率化などに取り組んできました。あわせて、製品の設計段階での軽量化や部品点数削減の取り組みを通じて、輸送にかかるエネルギーの削減や生産工程の改善による使用電力削減にも積極的に取り組んできました。
こうした取り組みにより、2019年度のCO2排出量は12,289t-CO2(前年度比92.0%)となりました。

海外におけるCO2排出量削減

当社グループのWESTERN REFRIGERATION社(インド)では、Sanjan工場の建設時に屋上5,000㎡にわたって太陽光発電設備を設置しました。2017年4月以降、継続して稼働しており、生産工程のエネルギーとして活用しています。本設備の発電量は500kWpで、約29,500本の植樹と同等のCO2排出削減効果が見込めます。

廃棄物の発生抑制

当社では、金属作業屑の歩留まり向上(1枚の金属材料から多くの部品取りをする)や、プラスチック材料作業屑の歩留まり向上、製造工程での不良削減活動、在庫管理の徹底などに取り組み、3R(Reduce・Reuse・Recycle)を積極的に実施しています。
2019年度の廃棄物発生量は3,458t(前年度比98.0%)となりました。一方で、売上高当たりの廃棄物排出量については、売上高減少に伴い、前年度比で若干増加しました。また、本社工場・島根工場の再利用率については、廃棄物の分別、再利用の促進によって99.0%以上を達成しました。

※廃棄物排出量(t)を売上高(億円)で割って算出した数値


サプライチェーンにおける廃棄物の発生抑制

当社は、サプライチェーン全体での廃棄物を削減する取り組みとして、一部を除く製品の梱包材を木枠から段ボールによる簡易梱包へと移行しています。梱包箇所は製品全体を覆わず、上部の保護と損傷率の高い製品下部のみとすることで、廃棄物を最小限に抑える工夫をしています。
これにより、輸送重量が削減できるのみでなく、販売会社で開梱した際の処理がしやすいなどのメリットも生まれました。また、サプライヤーからの部品納入の際には通い箱を使用し、段ボールの使用点数を削減しています。

水資源保護および土壌・地下水汚染対策

生産工程における水使用量削減

当社の国内グループにおける生産工程では、水を大量に使用するプロセスはなく、間接冷却など限られた用途で水を使用しています。また、各工場は渇水などのリスクが低い地域に立地しており、各地の状況に応じて水道水・工業用水・地下水を適宜使用しています。
排水は適切な処理をおこない、下水道および公共水域への排出をおこなっています。

食器洗浄機の環境配慮

業務用食器洗浄機のJWEシリーズでは、洗浄力を維持しながらすすぎ水量を削減する技術を導入しています。すすぎ洗い時に新しい水を追加し、汚れた水をオーバーフローで排水することで、1回の運転で使用する水量を抑え、少量の水でのすすぎが可能になりました。また、使用水量が減ることで、洗剤使用量や、水を温めるためのエネルギーも削減することができ、より高いレベルでの環境配慮を実現しています。

電解水生成装置の環境配慮

電解水生成装置は、食塩水を電気分解して、プラス電極側で酸性電解水(次亜塩素酸水)を、マイナス電極側でアルカリ性電解水を生成します。
酸性電解水は、次亜塩素酸ナトリウムと比較して低い塩素濃度でも高い殺菌力を発揮する一方、残留性が低く塩素臭がほとんど残らないため、食品殺菌や調理器具の除菌、幼稚園・保育園・老人福祉施設などでの器具や共用スペースの洗浄・除菌などに活用できます。また、希釈せずに一定濃度で抽出できるため、作業時間の短縮や使用水量の削減につながります。
アルカリ性電解水はタンパク質の溶解や油脂を乳化させる力を持った洗浄効果があり、一般的な洗剤よりも低い環境負荷で調理器具の洗浄などに使用できます。