環境負荷低減の目標と実績・マテリアルフロー

環境負荷低減の目標と実績・マテリアルフロー

環境目標と実績

◎:達成 ▲:一部未達成 ×:未達成

  2019年度目標 実績 コメント 2020年度目標
省エネルギー エネルギー消費原単位
2013年度比 6%低減
生産性向上、省エネ設備の導入など、さまざまな活動を積み重ね、目標を達成することができました。 エネルギー消費原単位
2013年度比 7%低減
廃棄物の発生抑制 金属作業屑の歩留まり率
2008年度比4.7〜8.0ポイント向上
2013年度比3.0ポイント向上
2016年度比0.013ポイント向上
(部門ごとに目標値を設定)
生産向上活動とあわせて各部門で施策を掲げて取り組み、目標を達成することができました。 金属作業屑の発生抑制
歩留まり率
部門ごと、工程ごとに目標値を設定
プラスチック材料作業屑の歩留まり率
2008年度比5.0〜14.0ポイント向上
(部門ごとに目標値を設定)
製品の仕様変更などによりプラスチックの排出量が増加し、一部の部門で目標未達成になりました。 プラスチック材料作業屑の歩留まり率
部門ごとに目標値を設定
廃製品の発生抑制
部門別、発生工程別、発生原因別に目標値を設定
各部門で目標を達成するための施策を掲げて改善を進めてきましたが、一部の部門で材料変更による不具合発生などで目標未達成となりました。 廃製品の発生抑制
部門別、発生工程別、発生原因別に目標値を設定
輸送時の負荷低減 才数(積載率)の向上
2012年度比2.0ポイント向上
製品輸送トラックの積載率目標値を掲げて取り組み、目標を達成することができました。 才数(積載率)の向上
2012年度比2.5ポイント向上
フロン 発泡用:一部製品で低GWPの発泡材へ切り替え実施
冷媒用:低GWP冷媒化に向けての研究
【発泡用】実施完了しました。
【冷媒用】実施完了しました。
発泡用:一部製品の低GWP発泡への切り替え実施
冷媒用:低GWP冷媒化に向けての研究
製品開発 食器洗浄機、ショーケースのさらなる省エネ化 食器洗浄機については、高効率ガスブースターなどを採用し、ショーケースについては、高効率圧縮機などを採用することで、さらなる省エネ化を達成することができました。 トップランナー対応製品のモデルチェンジなどを目標に設定
ゼロエミッション(リサイクル率99%以上) ゼロエミッションの達成
(各サイトでリサイクル率99.0%以上)
本社サイトと島根サイトともに、リサイクル率99%以上を達成することができました。 ゼロエミッションの達成
(各サイトでリサイクル率99.0%以上)
自然環境の保護 ホシザキグリーン財団のおこなう保護活動への協力と参加 ホシザキグリーン財団のおこなう保護活動に協力しました。 ホシザキグリーン財団のおこなう保護活動への協力と参加

※地球温暖化係数(GWP)が低いこと。地球温暖化係数は、CO2を基準に、温室効果ガスがどのくらい温暖化する能力があるかを表した数字。

※対象範囲は国内ホシザキ単体

マテリアルフロー

※2019年度実績

※対象範囲は国内ホシザキ単体

3年間の実績推移

※対象範囲は国内ホシザキ単体