ドウコンディショナー 活用事例

製パン機器
活用事例 Vol.09 BAKERY&CAFE GAUDI

スペイン石窯で丁寧に
焼き上げるこだわりパン

2018年8月、大阪府大東市野崎駅近くにオープン。
スペイン石窯で丁寧に焼き上げられた
こだわりのパンは100種類以上。
店内の焼き立てパンと本格珈琲を楽しめる
イートインスペースは利用率も高い。

作業効率アップ

日中は単独運転で使用し
作業効率アップ

GAUDI(ガウディ)では夜間運転の他、日中はフリーズやリタードでの単独運転にも利用している。ドウコン1台あれば、冷凍庫やホイロを行ったり来たりする必要がなく、空き時間に効率良く明日の準備をすることができるという。

1番人気の「牛肉ゴロゴロカレーパン」は多い時で1日600個を売り上げる。

ドウコン利用で
明日の準備も効率良く

メインドウコンは他社の縦形を使用し、ホシザキのテーブル形をサブとして利用している。「ホシザキ製はコンパクトで、もう少しパンを出したい時などに非常に助かっている。」と製造担当スタッフ。
夜間はドウコンとして惣菜パン用のパンやラウンドの食パンに使用。天板の入れ替えも必要なく、仕上りもきれいで満足されている。
また、ガウディでは日中、各モードを単独運転で使用している。「ドウコンは温度が切り替えられるので、1台あれば空き時間に明日の準備ができてしまう。冷凍庫や冷蔵庫に移動する手間もない。」ドウコンを状況に応じてフリーズやリタードで使用し、導線の改善にも役立っている。

厨房では随時パンが焼き上げられ、店頭に並べられていた。

ドウコンは
リターダーとしても大活躍!

「冷蔵庫をリターダーとして使用する場合は、乾燥しないように生地にビニールなどをかける必要があった。ドウコンだと直接入れても生地が乾燥しない。」と好評だ。なおかつ天板を冷蔵庫から移動させることなく、そのままホイロすることもできる。
ドウコンを活用し、作業効率アップにつなげている。

量に合わせて
冷板・鉄板と使い分け

ホシザキのテーブル形ドウコンは、「場所が狭いところにも置ける上に、冷板・鉄板どちらも入るので、量が欲しいときも便利。量が要らないものは鉄板、たくさん必要な場合は冷板、と使い分けしている。」と製造担当スタッフ。サイズはコンパクトでも容量的にはベストなようだ。

BAKERY&CAFE GAUDI

大阪府大阪府大東市深野5-7-47

PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索