真空包装機 HPSシリーズ ホットパック仕様

調理機器

ホットパック仕様

おいしさキープで小分け保存

高温の状態でもパックが可能な機能を搭載。できたてのスープやカレーもそのままパックできるので、味のバラつきがなく小分け保存ができ、調理作業の効率化にも役立ちます。

※写真はBタイプです。 Aタイプのホットパック仕様もあります。

真空包装とホットパックの1台2役

真空包装とホットパックの1台2役

冷たいものを真空でパックする従来の機能に加え、調理してすぐの高温の食品もパックできるホットパック機能をプラス。1台で2つの用途に使い分けることができます。

ボタンひとつで脱気からシールまで自動で完了

業界初自動脱気判定機能を搭載

袋のふくらみを自動で検知し、くり返し脱気運転することにより確実に空気を抜くことができます。袋の中の空気が少ない場合は脱気運転のくり返し回数が減り、短時間で終了します。

※ 2015年1月現在(当社調べ)
※ ホットパックは、真空度と沸点の関係により「脱気」程度の真空度となります。
※ 写真はBタイプです。 Aタイプのホットパック仕様もあります。

加熱直後にパックして小分けすることでメリットいっぱい

油脂分が分離する前にパックできるので、袋ごとで味のバラつきがない。

小分けにしておけば必要な時、必要な量だけ使うことができる。

アイドルタイムを使って仕込みができる。

加熱調理後すぐにパックするので、空気中に浮遊する菌の混入を防げる。

たとえば… こんな使い方

フランス料理店

アラカルト用のソースやスープのストックに。

ラーメン店

ラーメンスープを小分けして持ち帰りに対応。

レストラン等

シチューやソースを人数分で小分け保存。

※お客様ご自身でオイル交換が可能なオイルセルフ交換仕様(特注対応)もあります。

PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索