製品一覧

電解水生成装置VOXシリーズ[製品特長]

微酸性電解水は大量の食品殺菌に最適!
  • 製品仕様
  • 製品仕様
  • 製品仕様
VOXシリーズ

学校や病院などの給食施設、パーティーや宴会の多いホテルや飲食店など、
大量調理の現場では、食品の殺菌だけでもひと苦労。
大流量が必要な食品殺菌も、ホシザキの微酸性電解水がしっかりお手伝いします。

微酸性電解水とは…

pH5.0〜6.5 有効塩素濃度 10〜80mg/kg

食塩水と希塩酸を無隔膜電解槽で電気分解することで生成される電解水で、食品殺菌に使用できます。殺菌力は次亜塩素酸ナトリウムと同等、安全性が高く水道水感覚で使えます。

酸性電解水と微酸性電解水の違いは?

酸性電解水は隔膜を介して食塩水を電気分解することで、アルカリ性電解水とともに二種類の電解水として生成されます。
しかし、微酸性電解水は隔膜をなくし、生成された電解水すべてを微酸性電解水にできるため、流量が多くなり、ムダな排水も出ません。また微酸性電解水は希塩酸と食塩水を電気分解するため、塩素濃度を高くできます。

有機JAS表示の農作物について | 食材の殺菌に使用した場合、有機JAS表示はできないため、ご注意ください。

ホシザキの微酸性電解水は
ここが違う!

食塩水希塩酸を電気分解することで、
安定した塩素濃度を維持。

通常、微酸性電解水は希塩酸のみを電気分解して生成しますが、ホシザキは希塩酸に食塩を加えて生成します。これにより、高い塩素濃度(10〜80mg/kg)を得られるだけでなく、不安定になりがちな塩素濃度を安定した状態で供給することができ、より効果的な殺菌作業ができます。

ホシザキの微酸性電解水のポイント

大きな流量・高い殺菌力・少ない塩素臭

[このページの先頭へ]

お問い合わせ・資料請求

製品に関するお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索

WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索