再加熱カート ニュークックチルの流れ

フードサービス機器

再加熱カート導入によるニュークックチルの流れ(例) 

加熱調理

スチコンなどで芯温75℃・1分以上、加熱します

急速冷却

ブラストチラーなどによる急速冷却で、細菌の増殖を防ぎ料理の品質を保ちます

チルド保存

プレハブ冷蔵庫などでチルド保存をおこないます

盛付け

チルド状態のまま、料理を盛付けて再加熱カートへ

チルド保存

再加熱開始直前まで
チルド保存

再加熱

配膳時間にあわせて
タイマーで自動再加熱

配膳

再加熱完了後は、カート部を取り出してそのまま配膳できます

各調理方法の違い

PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索