HACCPに準じた衛生管理の実践を
ホシザキがサポートします

HACCPの対象は、
すべての食品等事業者です。

食品衛生法の改正で
HACCPは制度化されました。
(2018年6月公布)

改正項目

HACCPに沿った
食品衛生管理の制度化

対 象

外食なども含めた
すべての食品等事業者

施 行

公布後2年以内

経過措置期間

施行後1年

事業の規模や内容で、
2つの基準に分かれます。

小規模事業者・飲食店など

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理
(旧基準B)

小規模事業者・飲食店など

各業界団体が作成する手引書を参考に、簡略化されたアプローチによる衛生管理をおこなう。

※コーデックスHACCP7原則12手順の流れに準拠した導入をおこなう。

詳しく見る

大規模事業者・と畜場関連事業者など

HACCPに基づく衛生管理
(旧基準A)

大規模事業者・と畜場関連事業者など

コーデックスHACCP7原則12手順に基づき、食品等事業者自らが、使用する原材料や製造方法等に応じ、計画を作成し、管理をおこなう。

※コーデックスHACCP7原則12手順すべての実施が求められる。

詳しく見る