生鮮食品の鮮度維持と大量保存に大きく貢献

お店の売り上げアップに直結する 鮮度管理機器

ホシザキのプレハブ式恒温高湿庫HUBシリーズは、生鮮食品を大量保存できるよう、恒温性と90%以上の高湿度を維持する画期的な保存庫です。したがって、安定価格時の計画仕入れ、計画販売を可能にします。また、つくりおきした料理の鮮度維持にも十分対応でき、大量受注やアイドルタイム時のつくりおきも可能となり、あなたのお店のお役に立つ機器となること請け合いです。他の恒温高湿庫シリーズと、組み合わせてお使いいただくと、より効率的です。なお、青果物の蘇生・長期保管庫としてもご使用いただけます。

高湿度で“鮮度”を維持

魚や肉、野菜などの生鮮食品は“イキ”のよさが決め手です。従来の保存方法では、食材の水分が奪われ、生鮮食品の“鮮度”を損ないます。恒温高湿庫は、恒温性と90%以上の高湿度維持により“鮮度”を保ちます。

長期保管で一括大量購入に対応

90%以上の高湿度により、食材の鮮度を損なうことなく長期間の保管を可能にし、一括購入による仕入れ価格の軽減やバラツキがおさえられます。

計画仕入・販売を実現

これまでストックすることが困難であった魚や肉、高級フルーツなどの大量保存・計画販売も可能です。忙しいお店の“助っ人”として、大きく貢献します。

新鮮な料理の“つくりおき”も可能

従来、むずかしかった新鮮な料理のつくりおきが可能なため、お店のピーク時や宴会やパーティーなどに備えて、早目に準備ができます。余裕をもったつくりおきが、作業の合理化につながります。

ノンラップでも“おいしさ”歴然

図:通常の冷蔵庫の重量目減り率

保存実験の結果

  • 冷凍機ユニット部温度………30℃
  • プレハブ設置場所温度…25〜30℃
  • 使用プレハブ………HUF-22CC-1.5
  • 庫内設定温度…………………-1℃
  • 庫内湿度…………………92〜94%
  ラップの有無 保存期間
牛肉(ステーキ用) 1週間
マグロ(サク) 5日間
マグロ(刺身) 2日間

※良否の判断はプロの方にお願いした結果です。以上の結果はだいたいの目安です。(ノンラップでの保存期間は機種により異なります。)

〈注意〉恒温高湿庫は、食品の鮮度保持を目的とした保存庫ですから、一般冷蔵庫とは使用方法が違います。食品の鮮度を保つために、扉の開閉頻度を極力少なくしてください。
また、試験ではよく冷やした食品を使用しております。

このページの先頭へ