キューブアイスメーカー スタックオンタイプ

全自動製氷機
製氷ユニットとストッカーの組み合わせで製氷量・貯氷量を拡張可能

製氷ユニットと各種ストッカーの組み合わせで、
製氷量・貯氷量をフレキシブルに拡張可能です。

将来、お店の拡大を予定していたり、メニューの変更などにより氷の量が不足した場合に、簡単に増量対応できるのが、スタックオンタイプです。はじめに製氷ユニット、スリーブ、ストッカーを組み合わせて使用している製氷機に、将来もっと氷が必要になったときには、それぞれのユニット類を追加して組み込み、製氷量・貯氷量のアップに対応が可能です。

製氷ユニットを増設 製氷量アップ!
製氷ユニットとスリーブを増設 製氷量&貯氷量アップ!
氷を砕く:クラッシャーを搭載すればキューブアイス、クラッシュアイス、2種類の氷を常時ストックできます。

基本構造

基本構造
  • 1
  • 2
  • 3
  • 製氷ユニット[氷をつくる]

    氷をつくる製氷ユニット。必要に応じてユニットを積み上げ、製氷能力をアップさせることができます。製氷ユニットは3段まで積み上げることができます。
  • スリーブ[氷を貯める]

    貯氷量をアップさせるスリーブ。製氷ユニットとストッカーの間に組み込み、貯氷スペースを広げます。
  • ストッカー[氷を貯めて取り出す]

    氷を貯めて氷を取り出すのに必要なストッカー。用途や使用量に応じて2タイプのストッカーから最適なものをお選びいただけます。

選べるストッカータイプ

  • STストッカー 大きな扉の付いた標準のストッカー。 STストッカー
  • LAストッカー 便利な上部スライド扉付きストッカー。 LAストッカー

クラッシャーを搭載する

クラッシャーを搭載すればキューブアイス、クラッシュアイス、2種類の氷を常時ストックできます。
クラッシャーを搭載する
  • ※クラッシャーとの組み合わせの場合は製氷機3段積みはできません。
  • ※クラッシャーの下にスリーブは組み合わせできません。
  • ※クラッシャーの下のストッカ−はSTタイプが基準です。その他の組み合わせについてはご相談ください。

省スペース

タテ形スタックオンタイプ

拡張性はありませんが、設置スペースが狭いお店に適しています。 タテ形スタックオンタイプ

選べるストッカータイプ

SAストッカー スリムなタテ形、上部スライド扉付き。 SAストッカー
SAFストッカー 正面フラット設計+上下スライド扉で、さらに省スペース。 SAFストッカー
PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索