製品特長 誰でもおいしいその理由は?

製品特長:誰でもおいしいその理由おいしさの秘密はコンビモード

クックエブリオのコンビモードは、調理の最初の段階から庫内ヒーターと蒸気の凝縮熱を使って加熱をします。食品の表面温度が上昇する前に蒸気を利用するので、調理の最初から最後まで凝縮熱を活用することができます。

熱風と水蒸気を同時に使えるクックエブリオだからできる! コンビモードイメージ

製品特長:誰でもおいしいその理由2256J/g(539cal/g)の凝縮熱でおいしく調理

1gあたり2256J/g(539cal/g)

凝縮熱とは

過熱水蒸気が食材に触れて水に戻る際に放出される熱。
2256J/g (539cal/g) もの大量の熱を食材に伝えます。食材のおいしさや栄養素を活かした調理ができます。

手羽先の香味焼き

例えばコンビモード200℃で設定した場合

従来のスチコンは庫内温度を上げてから水蒸気を投入

庫内ヒーターと水蒸気を同時に使えないため、まず庫内ヒーターで庫内温度を約100℃まで上げる必要がありました。食品の表面は約100℃まで加熱されると硬くなり、水蒸気を投入しても凝縮熱がうまく利用できません。

クックエブリオは調理開始から水蒸気を投入

加熱の最初の段階から凝縮熱を利用でき、食品の表面が100℃に達するまでに、凝縮熱を利用して早く熱を通すことができるので、中までしっかり熱を通すことができます。

食品表面の温度が上昇する前に水蒸気を投入

製品特長:誰でもおいしいその理由正確で安定した水蒸気

スチコン調理で仕上がりのカギを握る温度と水蒸気量を、独自の技術で正確にコントロールし、理想の仕上がりを実現します。


調理に適した水蒸気量の切り替えが可能。

排気温度の変化で庫内の水蒸気量を検知し、必要な水蒸気量をコントロールします。

排気温度センサー/IH式蒸気発生器(電気仕様のみ)

電磁調理器と同じ原理を使っているので熱効率がよく、水の量も少なく済むため、わずか30秒で水蒸気が沸き上がります。

「クックエブリオで加熱した野菜」と「鍋で茹でた野菜」のビタミンC含有量比較を見る

「クックエブリオで加熱した野菜」と「鍋で茹でた野菜」の総アスコルビン酸(ビタミンC)含有量比較

ほうれん草:鍋で煮た場合の残存率51%、クックエブリオでゆでた場合の残存率79% こまつ菜:鍋で煮た場合の残存率47%、クックエブリオでゆでた場合の残存率92% ブロッコリー:鍋で煮た場合の残存率29%、クックエブリオでゆでた場合の残存率73% インゲン豆:鍋で煮た場合の残存率30%、クックエブリオでゆでた場合の残存率87%
お問い合わせ・資料請求 購入後のサポート:クックエブリオ サポートサイト きっちんプラス全国約50カ所。お近くのテストキッチンでクックエブリオを体験このページの先頭へ

[このページの先頭へ]

お問い合わせ・資料請求

製品に関するお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索

WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求