カタログ・資料請求

甘さと旨味をとことん引き出すメロンたまねぎのレシピ

健康な土壌で手塩にかけて育てられた「メロンたまねぎ」は
辛味が少なく果物並みに糖度が高いのが特長です。
加熱すると旨味が引き出されて煮物や焼き物で本領発揮。
いつもは引き立て役にまわりがちなたまねぎを
主役に格上げするレシピをご紹介します。

cookeverio

クックエブリオで作ってみよう!

血液サラサラパワーは加熱調理でアップ

野菜室に欠かせないたまねぎは、ポリフェノールの一種であるケルセチンを多く含み、血管を丈夫にするとともに、血液サラサラ効果が期待できます。また、辛味成分の元である硫化アリルにも血液をサラサラにする成分が含まれますが、水溶性のため、水に晒さず食べるのがベスト。その上、加熱した方が効率よく摂取ができるので、焼き物や炒め物などにすると、おいしさと栄養を余すところなくいただけます。

スチコンとの相性は言わずもがな

たまねぎは旨味成分のグルタミン酸を豊富に含み、ヨーロッパでは出汁の役割を果たす野菜として重宝されています。パリのビストロの定番料理・オニオングラタンスープは、まさにたまねぎの出汁が主役の料理。本来ならばつきっきりで何時間も炒め続ける工程が、クックエブリオを使えば大量にできて手間いらず。丸ごと使う料理も、均一に火が入って煮崩れしません。その他、肉料理のソースやディップにも使える新感覚のたまねぎジャムなど、スチコンを活かしたレシピは無限大に広がります。

メロンたまねぎを使ったレシピ

  • 写真:まるごとたまねぎ

    スチコンレシピを見る

    まるごとたまねぎ

    とろとろのたまねぎに、ひき肉たっぷりのトマトソースで華やかに。
    大皿に盛りつければパーティーメニューに変身!

  • 写真:ビストロ風オニオングラタンスープ

    スチコンレシピを見る

    ビストロ風オニオングラタンスープ

    たまねぎの甘み、スープの旨みを吸い込んだバゲットはじゅわ〜り食感!
    チーズがアクセントの食べ応え十分なスープです。

  • 写真:ツヴィーベルクーヘン

    スチコンレシピを見る

    ツヴィーベルクーヘン

    ランチにも、おやつにも、おつまみにも!
    サワークリームと卵のフィリングが爽やかなドイツのたまねぎケーキ。

  • 写真:たまねぎジャム

    スチコンレシピを見る

    たまねぎジャム

    そのまま食べても、ジャムに使ってもバッチリな甘くて香ばしい味わい。
    ドレッシングやマヨネーズに加えると、風味がワンランクアップ!