カタログ・資料請求

基本がわかる!スチコンはじめてナビ

クックエブリオってどんな調理機器ですか?

クックエブリオはスチコン(スチームコンベクションオーブン)と呼ばれる「蒸し器」と「焼き器」が合体した調理機器です。1台で焼く、蒸す、煮るなどのさまざまな加熱調理ができ、使いやすさやおいしさ、便利さでたくさんのメリットがあります。

加熱調理の約8割がこれ1台で、煮崩れや焼きムラを防いで美しく仕上がる、インバータ制御で誰でもかんたん
誰でもおいしく、蒸気を効果的に使うから熱伝導が早く調理時間を短縮など、ホシザキのスチコン「クックエブリオ」にはうれしいメリットがたくさん!

クックエブリオ 4つのタイプ

2/3ホテルパン
MIC-5TB3

誰でもカンタン、誰でもおいしく。電気仕様の小型スチコン。

2/3ホテルパン5段 電気仕様
MIC-5TB-GA

設置場所を選ばない、ガス仕様の小型スチコン。

2/3ホテルパン5段 ガス仕様
1/1ホテルパン
MIC-6SA3

使いやすさはそのままで新機能を追加してサイズアップしました。

1/1ホテルパン6段 電気仕様
MIC-10SA3

たっぷり調理もカンタン操作。6段タイプとの2段積みが可能。

1/1ホテルパン10段 電気仕様

クックエブリオ 3つの調理モード

水蒸気 スチームモード 設定温度範囲:30〜130℃

蒸す、茹でるなどの調理に適したモード。栄養素が流出しにくく、食材の持つ風味を保てます。温度調節が難しい茶碗蒸しや真空低温調理などでも失敗が少なく、適しています。

できる調理
蒸す・煮る・茹でる・発酵

熱風 ホットエアーモード 設定温度範囲:30〜300℃

焼く調理、中でもお菓子作りに適しています。庫内に熱風を均等に行き渡らせるので、お菓子作りの大敵である焼きムラも出にくく、失敗が少ないのもポイントです。

できる調理
焼く

熱風・水蒸気 コンビモード 設定温度範囲:100〜300℃

煮る、焼く、炊く、揚げる、炒めるなどの調理に適したモード。熱風と蒸気を使うので、食材への熱伝導が早いのが特長です。調理時間も短く、煮崩れや焼き縮みなども防げます。

できる調理
焼く・煮る・炒める・炊く・揚げる


そもそもスチコンって?

スチコンは、効率的にたくさんの料理を均一に仕上げられるため、ホテルやレストラン、学校給食や病院の食事など、大量調理が必要な施設で活用されています。また、「真空調理」や「クックチル」といった新調理システムでも欠かせない調理器です。

真空調理とは…

食材を調味料といっしょに真空パックして、低温で加熱調理をする調理法。食材の酸化を防ぎ、栄養やうま味を逃さずに調理ができます。また浸透圧の効果で少量の調味料でもよくしみ込み、均一の味に仕上げられるといったメリットもあります。スチコンは一次加熱や再加熱時に利用されます。

クックチルとは…

加熱調理した食品を急速冷却し、チルド状態(0〜3℃)でキープする保存方法。必要時には再加熱を行い、提供します。保存がきくので大量でも計画的に調理ができ、また衛生管理が容易なので給食施設など大量調理の現場で導入されています。スチコンは一次加熱や再加熱時に利用されます。