カタログ・資料請求

病院食の献立づくり

  • 病院食1週間献立
  • 献立づくりが変わる!
  • 献立づくりの基本
    病院食献立のたて方
    栄養素とエネルギーの基本
    病院食と家庭食

スチコンで献立づくりが変わる! スチコンを病院食調理に活用すると、メニューの充実化や作業負担軽減など献立づくりが抱える課題の解決に役立ちます。

作業時間の短縮につながる

複数の料理の下ごしらえや加熱調理が一度にできるので、作業時間を効率的に使えます。

たとえばこんな料理で!

下茹での作業負担が減る

スチームを使うので、お湯を沸かす手間や時間を減らすことができます。複数の野菜を下茹でする場合でもホテルパンごとにわければ、一度で済みます。

たとえばこんな料理で!

薄味でもおいしく仕上がる

ボイルを水蒸気でおこなうので風味や栄養の流出を抑えられ、素材の味を活かした料理を作ることができます。

たとえばこんな料理で!

メニューの充実化が図れる

様々な加熱調理が1台ででき、またスチコンに調理を任せられるため、これまで調理方法や時間的な制約でできなかったメニューの提供が可能になります。

たとえばこんな料理で!

揚げ物も提供しやすい

少量の油で揚げ物料理が可能なので低カロリーのフライができ、献立の中に組み込みやすくなります。また、廃油処理の手間が省けます。

たとえばこんな料理で!

食材のコストダウンにつながる

手間や時間の関係上、完成品または半加工品を使用していたメニューも生の食材を使えるようになります。また、失敗による歩留りも減り、コストダウンにつながります。

たとえばこんな料理で!

喫食者の満足度向上につながる

おいしさの向上やメニューの充実などによって献立への満足度が高くなり、食事を楽しみにしてもらえます。

たとえばこんな料理で!