技術・開発・品質管理体制

技術・開発・品質管理体制

研究開発・品質管理体制

製造技術体制

研究開発・品質管理体制

「オリジナル製品を持たない企業に飛躍はない」というポリシーの下に・・・

ホシザキグループは創業以来「オリジナル製品を持たない企業に飛躍はない」という企業ポリシーを持ち、独自の技術に基づくオリジナル製品の創造に取り組んでいます。研究開発活動は、国内ではホシザキ電機株式会社及び、子会社である株式会社ネスター、海外ではHOSHIZAKI AMERICA INC,とLANCER CORPORATIONが行っています。

ホシザキグループの研究開発部門
研究開発と品質管理が一体になったサイクル

業務用の世界で使われる製品だからこそ、厳しい基準と試験をクリアしてから製品化

研究開発と品質管理が一体になったサイクル

ホシザキグループでは、市場情報収集から要素開発、試作、設計、生産フォローアップまで、一貫した研究体制を持つことにより、お客様の多様なニーズに合った対応を行っています。
開発設計段階においては、厳しい品質基準を設定し、業務用という厳しい使用環境に耐え得る構造設計を行うことで、高品質を保持。高温・高湿の厨房を想定した試験室では、過酷な条件下での実験が繰り返し行われ、テストに合格した技術や部品のみが採用されます。同業他社に比べて、故障頻度の少ないのはこのためです。
生産ラインの現場においては、各工程ごとに品質レベルをキメ細かくチェックしています。完成品についても、1台ごとに厳しい検査が行われ、完成品検査(最終検査)に合格したものだけが出荷され、市場に送り出される仕組みになっています。
お客様からのご指摘に対しては、原因を徹底的に追究し、品質保証に関わる部署に直ちに詳しく連絡して、次の製品開発・改良に反映させています。

近年の研究開発コンセプトとして重視しているのは、環境、安全、衛生、そして省エネです
省エネ大賞受賞

環境・安全・衛生・省エネに主眼を置いています。
平成17年度に開発した「省エネ型業務用冷蔵庫Xシリーズ」は、業界初となるインバーター制御方式を採用し、第16回省エネ大賞「省エネルギセンター会長賞」(財団法人省エネルギーセンター主催)を受賞しました。
全自動製氷機では「Mシリーズ」は製氷機構造部の見直しを図り、製氷能力はそのままに経済性を大幅にアップさせました(消費水量を平均で約50%に削減。電力は高効率コンプレッサーや高効率モーターを取り入れたことによって最大30%削減)。また、食器洗浄機等では、低消費水量(すすぎ約43%削減)、低環境負荷(洗剤量約71%削減)を実現したアンダーカウンタータイプを開発し、製品化しています。
このほかの製品においても、大幅なランニングコストの低減を実現する製品を開発し、省エネ、省資源化を実現しています。

品質管理において万一、不適合が確認された場合でもその対応体制は万全です
不適合が確認された場合の対応体制チャート

ホシザキグループでは自社工場、仕入先・外注先を問わず、すべての不適合データを集積・分析し、再発防止を心掛けています。不適合が多発する取引先には工場監査による指導を行っており、品質に改善が見られない場合は新規部品の発注抑制、既存品取引の縮小、取引中止等の措置を取っています。お客様満足度の高い製品を提供できるのは、こうした厳格な品質管理を行っているからです。


このページの先頭へ