使用時間が長いティーディスペンサーは、
通電の時間と負荷を減らすことで、節電をおこないましょう。

お客様自身でできる節電

Point1お湯の設定温度を下げる

常に運転状態となるティーディスペンサーはお湯タンクの設定温度を下げると節電につながります。設定温度を1℃下げると約 2~2.5%(※)の節電効果があります。
※Varié seriesの場合 ※自動洗浄機能のあるティーディスペンサーの場合、お湯タンク温度を下げると洗浄に使用する湯温にも影響します。衛生管理上、注出回路の部品は必ず取り外して洗浄してください。

Point2タイマーで運転時間を管理

定休日などの機械を使用しない日にも通電していると、電気のムダ使いになります。週間タイマー機能などで運転時間を設定して電源のオンオフを自動的に管理します。

Point3毎日のお手入れを忘れずに

その日の運転が終わったら、部品を取り外して洗浄をおこなうようにしましょう。汚れをそのままにしておくと、不衛生になり、機器の故障の原因にもなってしまいます。

ホシザキがお手伝いできる節電

Point1定期メンテナンスで効率アップ

機械内部の点検やメンテナンス、部品交換等をおこなうことで、汚れや劣化などで低下していた機械の性能を回復することができます。