食器洗浄機は、電気だけでなくガスや水も使用するので、使い方を工夫すれば
トータルでエネルギーの節約につなげることができます。

お客様自身でできる節電・節水

Point1まとめ洗いで回数を減らす

食器洗浄機は運転の度に、電気やガス、水を使用するので、できる限りまとめて運転をするようにしましょう。ただし、詰め過ぎには注意。洗い残しなどが発生してかえって不経済になる場合があります。

Point2汚れは軽く落としてから

毎日のお手入れもラクになります

食器洗浄機に入れる前に、予洗いをした方が効率的に洗浄できます。残飯がついたまま洗浄機にかけてしまうと、残菜フィルターにゴミや汚れがたまって排水に影響するので、汚れは予洗いで軽く落としましょう。

Point3毎日のお手入れを忘れずに

その日の運転が終わったら、残菜フィルターにたまったゴミや汚れを必ず取り除いて、洗浄機の内部を掃除するようにしましょう。汚れをそのままにしておくと、洗浄力が落ちるだけでなく、不衛生になり、機器の故障の原因となってしまいます。

ホシザキがお手伝いできる節電

Point1定期メンテナンスで効率アップ

機械内部の点検やメンテナンス、部品交換等をおこなうことで、汚れや劣化などで低下していた機械の性能を回復することができます。