業務用食器洗浄機[JWEシリーズ] 小形ドアタイプ 製品特長

業務用食器洗浄機
独自開発技術によりすすぎ水量、洗剤量を大幅カット。

ランニングコスト、カット

Spiral Heat System

排水用パイプ部分に「Spiral Heat System(排水熱回収装置)」を搭載。
すすぎ時に出る排水(お湯)で、貯湯タンク(ブースター)に給水される水(湯)を温めます。これまで捨てられていた熱を有効活用し、光熱費を抑えます。

省エネモードで消費電力量をセーブ

待機状態で一定時間が経過すると、すすぎタンクヒーターの設定温度を自動的に下げて、消費電力を抑えます。 次の運転が始まると解除されて、通常温度に復帰します。

厨房、もっと快適に

暑さを軽減するドアシール構造

ドアと本体のすき間を少なくし、湯気漏れを減らしました。
※JWE-400SUBタイプのみ

確かな洗浄力

独自開発の高性能洗浄ポンプを採用

上下トリプルアームノズルで洗浄能力アップ

ノズル穴の改良で、コーナー部の洗浄力もアップ。

洗浄温度は70℃

連続洗浄時の湯温低下を防ぐことで、洗浄力の低下を防止。

湯温の低下を防ぐ二重配管構造

配管は車のステンレスマフラーの加工技術を応用した二重配管構造。洗浄水の中をすすぎ水が通るため湯温の低下を防ぎます。

確かなすすぎ力

独自開発の高圧すすぎポンプを採用

広角スプレーノズルと揚程15mの高圧ポンプの採用で、すすぎ消費水量を大幅にカット。少ない水量で効率よくすすぎ上げます。

庫内上部もくまなくすすぐ、上すすぎノズル

庫内上部や上洗浄ノズルをすすぐことで、洗浄→すすぎ後、食器に垂れる洗剤成分を残しません。

細部までこだわったサニタリー性

残菜はフィルターひとつでしっかり収集

残菜はバスケット形タンクフィルターひとつでしっかり収集できます。また、把手は可動式なのでフィルター内の掃除も容易にできます。

洗浄タンクはゴミのたまりにくい絞り構造

絞り構造で突起物の少ない洗浄タンクは、ゴミがたまりにくく、掃除もしやすい衛生的な設計です。 ※写真はJWE-400TUB3

庫内部品を外さず、
洗浄水に触れることもなく排水が可能

油や洗剤で汚れた、高温の洗浄水に手を入れる必要がなく清潔で安全です。また、洗浄ポンプ内も排水されるので衛生的です。 ※写真はJWE-400TUB3

小形ドアタイプ

どの向きの壁にもピッタリ設置可能

厨房の状況にあわせて左向き・右向きの2タイプから選べます。

開口を大幅アップ

従来は325mmだった開口寸法を365mmに大幅アップ。
視認性もよくなり、作業の効率化を図れます。

トップテーブル(オプション)

天板をフラットにする場合に使用します。

※トップテーブルを取り付けた場合、製品高さが1420mmになります。

ラックスルータイプ

同時ドアオープン

左右の扉が同時に開きます。片側からラックを入れて、洗浄機内のラックを押し出すことが可能なため、作業が一段とラクになります。

トップテーブル(オプション)

天板をフラットにする場合に使用します。

※トップテーブルを取り付けた場合、製品高さが1370mmになります。

前面出し入れタイプ

ハーフサイズの洗浄剤・リンス剤を収納

本体正面の下部部分に、ハーフサイズの洗剤・リンス剤タンクスペースを用意。

天井に傾斜

天井に傾斜をつけることにより洗浄水の後ダレを防ぎ、すすぎの仕上がりを向上させます。

効果的なすすぎを実現

すすぎ時に、上すすぎノズルから上方向にもすすぎ水を噴射。洗浄ノズルや天井もすすぎます。

PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索