■これがヴァリエ! [温度も濃さもお好み次第]

温度も味もお好み次第、タイマー設定で電源のON・OFFも自動に

メニューによって飲み頃の温度を設定可能

飲み物を一番おいしい温度帯で飲んでいただけるように、あらかじめメニューごとに注出温度の設定が可能です。

量や濃さの設定は、お好み次第

パウダー飲料の量や濃度は、お客様のお好みで設定できます。濃度は20段階の中からお選びいただけます。

「濃いめ」ボタンで素早くお好みの濃さを

「濃いめ」ボタンを押すだけで、通常よりも濃いドリンクを注出できます。

※「濃いめ」ボタンの濃度調節は、設置時に設定します。

飲み頃温度注出機能で、より安全に

あらかじめすべてのメニューの注出温度を低めに設定しておけば、病院や学校、幼稚園、老人福祉施設など子供や高齢者の多い施設での火傷防止につながります。

飲み頃温度注出機能とは

ドリンクやお湯を注出する際に、冷水を混ぜることで低温状態で注出する機能です。
設定可能な温度 50~90℃

病院・学校(幼稚園)

注出中に万一、手にかかっても低温度のため、火傷防止に繋がります。

老人福祉施設

熱い飲み物が苦手な方でも低温度で注出すれば、安心して飲むことができます。

調剤薬局

薬を飲む場合にも、冷水ではなく飲みやすい温度帯のお湯(50~90℃で調節可能)が注出されるので患者さんにやさしいサービスができます。

  1. 01注出量調節
    90~250mL(10mL刻み)
  2. 02パウダー原料量調節
    20段階可変式
  3. 03タンク内湯温調節
    65℃~94℃(1℃刻み) ※注出温度ではありません。
  4. 04注出ボタンロック
    注出ボタンの受け付けをON・OFFさせます。
  5. 05手動洗浄
    パウダー飲料注出回路にお湯を通水、洗浄します。
    冷水注出回路の水を自動入れ替えします。
  6. 06冷水運転
    注出モード(冷水・常温水)を切り替えます。
  7. 07週間タイマー
    曜日ごとにON・OFF時間を設定可能

便利な週間タイマー

電源のON・OFF時間が曜日単位で設定可能な週間タイマー機能を標準装備。指定の時間に自動でお湯を沸かし始めます。

ティーディスペンサー[ヴァリエ]のお問い合わせ・資料請求はこちらから

[このページの先頭へ]

お問い合わせ・資料請求

製品に関するお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索

WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求