業務用恒温高湿庫 恒温について

冷凍冷蔵機器
恒温について 冷蔵庫より恒温高湿庫の方が肉の鮮度が保てます。なぜでしょう?

最小限の温度幅で低温を保ち、細胞組織の変質を抑えます。

通常、冷蔵庫の庫内中心温度は5~6℃の幅で上下していますが、恒温高湿庫では、その幅わずか2℃。
庫内温度をほぼ一定に保つことにより、食品の細胞組織をこわすことなく、高鮮度の状態を長く保つことができます。

通常の冷蔵庫では

設定した温度通り、とはいきません。

鮮度低下・歩留まり悪化が進行
  • ●うまみ成分が流出

    肉や魚から出た汁、ドリップに含まれるうまみ成分が失われるため、食材本来のおいしさがそこなわれてしまいます。

  • ●量の目減りと変色

    水分が流出し、全体の量が減ってしまいます。また内部の色素たんぱく質やドリップの酸化により、変色も進みます。

恒温高湿庫なら

設定した温度を忠実に守ります。

鮮度維持品質が向上
  • ●変色やドリップ流出を抑制

    うまみの素であるアミノ酸の分解、色素タンパクの酸化による変色などを抑えて高鮮度を維持。冷凍物の解凍時にはドリップの流出を抑えます。

  • ●食品に合わせた温度管理が可能

    食品によって異なる凍結点に対応することができ、理想的な保存が可能です。

PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索