製品一覧

食品殺菌や調理器具などの洗浄・除菌に役立つ電解水は、食中毒防止のために厚生労働省が普及を進めている「大量調理施設衛生管理マニュアル」の実施に貢献します。

大量調理施設衛生管理マニュアル

集団給食施設等における食中毒を予防するために、HACCPの概念に基づき、平成9年3月に厚生省(現:厚生労働省)により作成された調理工程における重要管理事項を示したものです。

HACCPとはHA(Hazard Analysis 危害分析)とCCP(Critical Control Points 重要管理点)の略です。従来の最終段階における抜き取りチェックではなく、原材料が生産・飼育され、製造・加工、保管、流通を経て消費者に渡るまでの危害因子を分析し、重要管理点と管理方法を決めて管理・記録していきます。例えば、加熱調理時の中心温度と時間の管理もそのひとつ。基礎となる一般衛生管理プログラムが確立されていれば、極めて有用な手法です。(HACCPは、それぞれのお客さまによって変わるシステムです。全体的基準ではありません。)

衛生的に食品を製造・加工するのに適した施設・設備構造となっているか、それらは正しく機能し、衛生的に保たれているか、作業スタッフの衛生管理は充分か、そのためのトレーニングは適切かつ継続的におこなわれているか、などがSSOPにあたります。このHACCP実施の前提条件すなわち一般衛生管理プログラムの部分がしっかりしていればCCPとして管理する項目は絞られ、より管理の度合いを集中することができます。

衛生管理機器

[このページの先頭へ]

お問い合わせ・資料請求

製品に関するお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索

WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求