産業用大形製氷機[KMシリーズ クレセントアイスメーカー] 製品特長

製氷機器
汎用性の高い、−20℃の氷がつくられる豊富なバリエーション。
  • なめらかで流動的 ●三日月形状の新しい形

    合理的な製氷機構から生まれた13mm×30mm×37mmの角のない形状はデリケートな商品を傷つけることなく、隙間にスムーズに入り込み全体を素早く均一に冷やします。

  • 飲料用にも使えます ●不純物を除去した透明水

    製氷水に含まれる不純物を除去。衛生面にも十分配慮された清潔な氷ですから、各種冷却用はもちろん飲料用としても、幅広くお使いいただけます。

  • ホシザキ独自、画期的 ●低騒音、高効率メカニズム

    製氷板上に三日月形状で結氷させる方式ですから砕氷による騒音はありません。また、コンブレッサーをデフロスト時も連続運転させることによって再起動時の騒音もなくし、大型低速回転ファン、全密閉形コンプレッサーの採用とあいまって画期的な低騒音機構を形成しています。

  • 季節ごとの製氷時間調節は不要 ●年間無調整の自動方式

    製氷完了を水位で知らせる方式と、自動制御装置(除氷、貯氷、除氷水温、冷媒)によってオールシーズン調整は不要。省力化時代に高い信頼性を誇るすぐれた方式です。

  • コンパクト設計 ●設置条件を緩和する省スペース形

    セパレート形コンディショニングユニットの採用により、重量と据付面積が大幅に低減され省スペース形となっています。また、クーリングタワーのいらない空冷式のため据付、配管工事などの工期も大幅に短縮されます。

  • ●垂直両面流下方式

    従来、横方向にあった製氷板を垂直に立て、その両面に水を流し半円形に氷結させます。そのため、本体はコンパクトな省スペースタイプです。

タイプ 空 冷
1トン KM-1000DSD
2トン KM-2000DSC
※製氷能力値は、製氷条件(周囲温度、水温など)によって変化します。必ず仕様表をご確認ください。
年間220トンの氷を使用する場合 製氷コストKM-1000DSD(空冷) 原価計算合計(1トン当たり) 2,341 電気料金 1トン当たり約1,823円 水道料金 1トン当たり約518円
【温度条件】室温 30℃ 水温 25℃ 【算出条件】電気料金 三相 200V 16円/kWh(50Hz・税込)
上水道料金 50Hz=215円/㎥ 
(東京・税込)
下水道料金 50Hz=151円/㎥ 
(東京・税込)
リモートスイッチ

リモートスイッチを取付けることで、高所に設置された製氷機の手元操作を可能にします。(オプション)

※FM/CMシリーズには、リモートスイッチの取付けができません。
日産製氷能力 2トンタイプシステム構成:KM-2000DSC、プレハブストッカー、鉄骨架台、搬氷装置
日産製氷能力 1トンタイプシステム構成:KM-1000DSD、プレハブストッカー、鉄骨架台
日産製氷能力 1トン×2タイプシステム構成:KM-1000DSD×2、プレハブストッカー、鉄骨架台
チェックリスト 機種のご選定に際し次の点にご注意ください。
  • □設置予定場所のスペースは充分にありますか。機械の搬入路、氷の搬出等に問題はありませんか。
  • □電源の電圧・容量等は使用可能な大きさですか。
  • □製氷能力は使用目的に適していますか。(将来性を考慮してなるべく能力の大きなものをお選びください。)
  • □床は製氷機の重量に耐える構造でしょうか。
  • □水量・水圧は充分にありますか。
  • □近くに排水設備がありますか。
PICK UP

製品に関するお問い合わせ・
資料請求

■ WEBでのお問い合わせ・資料請求カタログ・資料請求
■ 電話でのお問い合わせ・資料請求お近くの営業所検索