カタログ・資料請求

個性の違いを楽しむじゃがいものレシピ

折笠農場では病気に強くておいしい品種を選りすぐるため
毎年40種類ものじゃがいもを育てています。
茹でたり蒸してホクホク感を楽しむ粉質タイプや
型崩れしにくい粘質タイプなど特徴はさまざま。
それぞれの個性を生かすことで料理の完成度がグッと上がります。

cookeverio

クックエブリオで作ってみよう!

でんぷん質がビタミンCを保護

ビタミンCは柑橘類や緑黄色野菜に多く含まれているイメージですが、じゃがいもにも豊富に含まれ、その量はみかんやほうれん草に匹敵。でんぷん質で守られているため、加熱しても壊れにくいとされています。また、体内の過剰な塩分を排出したり、血圧の安定をサポートするカリウムも豊富。「シャドークイーン」や「ノーザンルビー」などの品種は、アントシアニン由来の鮮やかな色合いがお料理に華やかさを与えてくれます。

型崩れしないからストレス知らず

ヨーロッパでは主食として用いられるように、毎日食べても飽きがこないじゃがいも。シンプルな味わいが他の素材と調和し、肉や魚、乳製品と合わせることでよりおいしさがアップします。スチームを使えばマッシュポテトも簡単にでき、例えばスイートポテトは焼成まで一台で完結。ホクホクした粉質タイプのじゃがいもは、煮崩れしやすいのが難点ですが、スチコンを使えば面取りしなくても型崩れせず、中まで火がしっかり入ります。今まで感じていたじゃがいも料理のストレスを、スチコン調理で一気に解決しましょう。

じゃがいもを使ったレシピ

  • 写真:ジャガイモのリゾット

    スチコンレシピを見る

    ジャガイモのリゾット

    クリーミーで誰でも食べやすく、しかも嬉しい低カロリー。
    コンビ加熱のみでかんたんに仕上がります。

  • 写真:タットリタン

    スチコンレシピを見る

    タットリタン

    ピリッと辛い韓国の煮物で、身体の芯からぽかぽか!
    スチコンならジャガイモが煮崩れせず、お肉の旨みも染み込みます。

  • 写真:ジャガイモとニンニクの茎炒め

    スチコンレシピを見る

    ジャガイモとニンニクの茎炒め

    ジャガイモのシャキシャキ食感が楽しい!
    主菜はもちろん、お酒のおつまみにもオススメです。

  • 写真:ジャガイモのハリネズミ形スイートポテト

    スチコンレシピを見る

    ジャガイモのハリネズミ形スイートポテト

    ひと手間加えれば、みんな癒されるキュートなスイーツに変身!
    ジャガイモの軽い食感と優しい甘みがポイント。