IR情報開示方針

IR情報開示方針

  1. IR活動の目的と基本方針
    ホシザキグループ(以下、当社グループ)は、株主や投資家の皆さまに対して、公平かつタイムリーに当社グループ情報をお知らせするためにIR(Investor Relations)活動を行っています。当社グループの業績や財務情報、経営戦略、事業内容に関わる情報等を正確にお伝えすることによって透明な経営を実現し、株主や投資家の皆さまとの中長期的な信頼関係を築いていくことを目指しています。
  2. 情報開示の内容
    決算資料(四半期決算を含む)等を定期的に公表するほか、開示すべき「その他の重要な事実」についても、あらかじめ定められた手続きを踏まえたうえで、迅速に公表していきます。また、それ以外の情報に関しても当社グループをご理解いただく上で有用と判断されるものについては、開示を行っていきます。
  3. 情報開示の方法
    当社グループが公表する情報は、TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)への登録および当社グループのIRサイト「IR情報(以下、IRサイト)」での掲載等の方法によって開示し、公平性に努めます。適時開示規則に該当しない情報についても、その趣旨に沿って適切な方法による開示を行います。
  4. 情報開示に関わる方針・対応
    当社グループはアナリスト、機関投資家、個人投資家並びにメディアを問わず、公平に情報開示を行い、過去に開示した情報に誤りがあったことが判明した場合には、速やかにその誤りを訂正しその内容を公表します。また、過去に開示した情報から大きな変化が生じた場合にも、速やかに情報を更新しその内容を公表します。
    市場の噂に関しては、コメントしないことを基本方針としますが、噂が資本市場に大きな影響を与える場合、または証券取引所、その他の機関から説明などの対応を求められた場合は、必要に応じて関連部署の責任者と協議の上、適切に対応させていただきます。
  5. 将来の見通しについて
    IRサイトに掲載している情報の中には、「将来の見通しに関する記述」が含まれていることがあります。過去の事実以外の計画や方針、将来予想等は、当社グループの経営陣が現在入手可能な情報・仮定・判断に基づいて作成されており、様々なリスクや不確実性を含んでいます。従って、将来の業績や企業価値を検討されるにあたっては、これらの見通しのみでの判断はお控えいただくようお願いいたします。
  6. IR自粛期間の設定
    決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏れてしまうことを防ぐために、当社グループは、決算期日の翌日から決算発表までを「自粛期間(クワイエットピリオド)」とし、IR活動を自粛します。この期間中は、決算内容に関するご質問にお答えすることを控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いします。ただし、自粛期間中であっても、既発表の業績予測から大きく乖離することが見込まれる場合には、適宜、情報開示を行います。