リスク管理体制

リスク管理体制

リスク管理体制及び取り組みの状況

ホシザキグループでは、リスク管理に関し、次の通り定めています。

  1. リスク管理体制の基礎として「リスク管理規程」を定め、個々のリスクについて管理責任者を決定し、同規程に従ったリスク管理体制を構築する。
  2. 取締役会、役員連絡会、その他の会議を通じてリスク管理状況を把握し、監査等委員会、内部監査室との連携により監視体制を確立する。

※なお「リスク管理規程」は、ホシザキ株式会社のみでなく、グループ全体を対象として制定しました。リスク管理体制として、当社に代表取締役社長を委員長とした「コンプライアンス・リスク管理委員会」を設置するとともに、当社グループのコンプライアンス・リスク管理統括責任者として、当社総務担当取締役を選任し、当社各部門及び当社グループ各社にコンプライアンス・リスク管理責任者と副責任者を選任しました。併せて下部組織にワーキンググループを設置し、方針・施策等の原案を策定し、事務局の当社総務部が委員会報告とともに当社グループへの展開を進めています。 また、リスク管理として、当社グループの事故情報一元化するため、当社総務取締役への報告を規定しました。製品事故については当社サービスセンター担当の部長への報告も併せて規定しています。今後は企業リスクの一層の軽減を目指し、ワーキンググループにおいて、リスク管理施策の検討を進めてまいります。