コンプライアンス体制

コンプライアンス体制

ホシザキグループでは、コンプライアンス体制に関し、次の事項を定めています

  1. 取締役及び社員の業務遂行に当たり、法令、定款の遵守を常に意識するよう「ホシザキ経営理念」及び「コンプライアンス規程」等を定め、その周知徹底を図る。
  2. コンプライアンス委員会を設置し、内部統制システムの維持、向上及びコンプライアンス体制の整備を図る。
  3. 取締役が法令、定款等に違反する行為を発見した場合は、遅滞なく監査役及び取締役会に報告する。
  4. 使用人が法令、定款に違反する行為を発見した場合の報告体制として、社内通報制度を構築する。

※「1.」の「コンプライアンス規程」は、ホシザキ株式会社のみでなく、グループ全体を対象に制定されたものです。 「2.」の「コンプライアンス・リスク管理委員会」は当社に代表取締役を委員長として選任しています。 「3.」「4.」については、コンプライアンス・リスク統括責任者として、当社総務部担当取締役を、当社各部門及び当社グループ各社には、コンプライアンス・リスク管理責任者と副責任者を選任しています。併せて、下部組織にワーキンググループを設置し、方針・施策等の原案を策定するなど、事務局である当社総務部が委員会への報告とともに当社グループの展開を進めています。
また、コンプライアンスの行動基準として「ホシザキ コンプライアンスマニュアル」を作成しています。こちらでは当社グループの役員及び従業員が守るべき行動基準を分かりやすくまとめるとともに、「ホシザキグループ経営理念」を掲載し、「コンプライアンスの基本方針」を以下のように定めています。

コンプライアンスの基本方針

私たちホシザキグループは

  1. 食環境に関わる企業グループが持つ社会的責任と公共的使命の重みを常に認識し健全かつ適切な業務運営を通じて、社会からのゆるぎない信頼の確立を図っていきます。
  2. 正確な情報(商業情報・企業情報)の積極的かつ公正な開示に努め、広く社会とのコミュニケーションを図り、社会から評価が得られる透明性のある経営に徹していきます。
  3. 法令やルールを厳格に遵守し、社会規範に反することのない誠実かつ公正な企業活動を遂行していきます。
  4. 国際社会に通用する高い倫理観を備えた良き市民として使命感を持ち、内外の経済・社会の発展に貢献していきます。
  5. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては断固とした積極的な姿勢で臨み、けっして妥協はいたしません。

※「ホシザキ コンプライアンスマニュアル」の中では、このほかに関連規程として「コンプライアンス規程」「リスク管理規程」「内部通報規程」を掲載しており、インサイダー取引、ハラスメントの防止等の具体的な行動基準と共通のルールも定めています。
このコンプライアンスマニュアルは小冊子として、当社グループの役員・従業員の全員に配られ、海外従業員には英語版が配布されています。このほか、当社グループのコンプライアンス・リスク管理責任者を対象とするコンプライアンスの意識向上教育が開催され、同責任者を講師とした共通のマニュアルに基づく全社教育も定期的に行われています。今後も教育研修を行うなど、コンプライアンスの啓蒙、強化を図っていきます。